文房具

6/11/07

大人買いしそう?『電車鉛筆』

発売から既に1ヶ月以上経っているので、情報としての鮮度はどうかと思いつつも、気になるモノをまた紹介してしまおう。

トンボ鉛筆から発売されている『電車鉛筆』の第1集、シリーズ01を衝動買いしてしまった。
情報は7月のISOT(文具業界の見本市)でちらっと見ていたのだが、実際に商品を手に取った機会はこれが初めてだ。

20071106172228

485系特急型電車と新幹線E04系Maxという、東北方面へ向かう新旧の車両がセットになっているユニークさもさることながら、四角い鉛筆に印刷されている車両のイラストが非常に精巧だ。削るのが勿体ないなぁと思ってよく見ると、先頭車両が後ろ側になるよう工夫されていて、最後までボンネットを横から眺めていられる心憎い配慮もされている。
濃さは2B。やっぱりターゲットは電車好きの小学生?と思ってしまうが、ここまで印刷が綺麗で実物に忠実なイラストになっているし、私のようについ衝動買いしてしまう大人(但し、鉄道好きで文具好き)も少なくないと思う。

他に3種類のセットがあるが、「第1集」と銘打ってあるあたり、次回以降のシリーズもあるかもと期待してしまう。
JR東日本商品化許諾済なので、次はフレッシュひたちあたり来るかも?

| | Comentarios (2) | TrackBack (2)

21/04/07

ハイテックCコレトに棲むウサギさん

1週間ほど前のこと、何気なく愛用のペンを出したら、近くにいた人が「あ、ウサギ」と一言。
最初は何のことかわからなかった私だったが、相手にどこがウサギなのか指摘され、初めて気付いた。

20070421203202
ペンを上から見ると、ちょうどこんな形になるのだ。確かにウサギさんである。

20070421203219
その正体はこれ。好きな色のインクをペン軸に入れて自分好みにカスタマイズできるボールペン『ハイテックCコレト』(パイロット)の3色用だ。軸の色はインクの色に合わせて『透明ブルー』にした。

言われるまで”ウサギ”に気付かなかった私の観察力が日頃から足りなかったのか。
ただただ、相手の着眼点に感心させられた。

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

8/07/06

文具ファンのお楽しみ

文具ファンのお楽しみ

恒例のISOTへやってきた。今回も楽しんでくるぞっと。
(詳細後程)

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

5/07/06

こしひかり紙レターセット

文房具、とりわけ紙製品には目がない私。
駅ビルの有隣堂で南魚沼市の新しい特産品、「こしひかり紙」を使ったレターセットを見つけた。

Pic_0810

説明によると魚沼産コシヒカリの稲藁が原料だそうだ。ネットで検索してみるとパルプと混合しているとのことだが、割合について明記されていなかった。機械漉きの和紙という解釈でいいのだろうか。

Pic_0811

パッケージの裏側には、こんな能書きが。
まだまだ震災の爪痕は深いんだなというのが伝わる。
フォーマルな手紙(最近書く機会がめっきり減った)を書くときに使ってみようかなと思う。

そういえば、最近手紙書かずにメールで済ませていることが多いなぁ…。忘れっぽくならないように、毎日何かしら紙と筆記用具を使って書くことを心掛けたい。
一応毎日何か書いているのだが、メモ程度では漢字とか、外国語のスペルをちゃんと使う必要もないので、いつしか忘れてしまうような気がする。やっぱり何か書き残すように習慣づけようと思う。

#それにしても最近、以前にもましてココログの不具合っぷりが派手だ。本文を書き終わった段階から、記事のアップロード終了まで数十分を要してしまった。来週の2日間に渡るメンテが成功することを祈りたいが、どうなることか、正直ちょっと不安だったり…。

| | Comentarios (2) | TrackBack (0)

30/04/06

平成のBOXY

小さい頃はほんの数本の筆記用具が家にあるにすぎなかった環境で育った私が文具好きになったのは、幼稚園の頃に家にないものをいろいろ使う機会があったのがきっかけだったが、ある年齢まで実際に使っていたのは買い与えられた物がほとんどだった。自分で文具を吟味するようになったのは、お小遣いをもらう年齢になってからだ。特に当時の私はボーイッシュなデザインのものを好んだので、三菱鉛筆のBOXYシリーズの文具はかなり買い集めたものである。
そのBOXYの昔のヒットアイテムが、先月に限定復刻発売された。都市部に住んでいる割に、探し方が悪かったのかなかなか発見できなかったが、先週に蒲田のユザワヤでやっとアイテム一式を見つけた。

Pic_0737
<軸色が何種類もあると、やっぱり黄色を選んじゃう>

「スーパーカー消しゴム飛ばし」の道具としてもヒットしたノック式ボールペン。BOXYといえばこれを思い出す人も少なくないのでは?私自身も過去何本買ったかわからないが、ちゃんと本来の使い方をしていたと思う(分解とか、インクの入れ替えは何度も試した)。
ちなみに消しゴム飛ばしはちょっとだけ下の年代の遊びだったが(確か弟がやってたような)、私自身が物を集めたがる性格なので、スーパーカー消しゴムは我が家に大量にあった。

Pic_0738

こちらは昭和にほとんど存在しなかったゲルインクボールペン。ペン本体は現行のユニボールシグノにBOXYのロゴが印刷されているだけだが、ケース入りなのを考えると結構嬉しい。しかも私が頻繁に使う極細(0.38mm)タイプ。青インクが好きなので、たぶん一番先に青を使い切ると思う。

他にも鉛筆、ノート、シャーペン、消しゴムといった定番筆記用具(しかも懐かしのデニムシースにセットされている)や今どきのお約束・携帯ストラップが出ている。
今回は確実に使うものだけの購入にとどまったが、銀色の四角い鉛筆がカッコいい(特に中学生の頃、こういうメタリックなデザインが好きだった)ので、次回に文具店巡りをして見かけたら、絶対に買っておこう。限定生産なので、なくならないうちに…。

そういえばBOXY全盛期の頃、第2弾のようなイメージの『COMPO』というシリーズものがやっぱり三菱鉛筆から出ていた(白が基調の幾何学風デザインが多かった)が、こちらはあんまり長続きしなかった。流石にこっちの復刻版は出ないだろうなぁ。

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

15/12/05

最近のお気に入り:『ハイテックCコレト』

pic_0523
なんか画像が青っぽくなっちゃった。

字がきれいに見えると言う理由で、パイロットのジェルインクボールペン『ハイテックC』の筆記幅0.3mmのものを愛用している私。最近は10月に出た『コレト』にハマっている。ペン軸とリフィル2色を組み合わせて、自分好みのノック式ボールペンを作れるというものだが、ペンの太さもちょうどいいし(従来の多色ボールペンは私の好みからすると軸が太すぎる)、肝心の書き味も従来のハイテックCとほとんど変わらない。実はこれを既に3本完成させてしまった。私は基本的に青インクが好きなので、ブルーブラック(もしくは青)+もう1色というパターンばかりなのだが、これが高校生の頃ならライトブルー+ピンクまたはオレンジという組み合わせもやってたかも知れないなぁと思う。
pic_0526


pic_0524


| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

22/11/05

またこんなの買っちゃったよ

日本が誇るスタンダード筆記具、ぺんてるサインペンのミニチュアボールペンストラップ。この手の物はそろそろ集めるのをやめようと思いつつ、安価さとインクの色(軸色と一致)に釣られてまた購入。pic_0493.jpg
基本的に青インク党の私なので、これ、非常用として持ち歩くかも。

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

7/10/05

『ポスカ』ストラップ

pic_0447

またも懲りずにこんなものを文具店で衝動買いしてしまった。
もう携帯にストラップをつける余裕がないのはわかっているのだが、やっぱり根は文具好きなので、こういうものがあると放って置けないのだ。

もちろん書けるが、見ての通りの細さなので、やっぱり中身はボールペン。

pic_0446

以前買ったマッキーストラップより細いかなぁと思ったのだが、比較してみるとそうでもなかった。
両方とも軸の色が黄色(ボールペンのインクは黒)なのは単なる個人的趣味。
どっかにつけようかなぁ。あるいはコレクションアイテムとして取っておこうかなぁ。迷うところである。

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

9/07/05

本日の行き先はISOT

東京ビッグサイトまでやってきた。毎年恒例のISOT(国際文具・紙製品展)である。
今回はすぐそばの展示会場で東京国際ブックフェアが同時開催中なので、結構な盛況ぶり。どこまで見ることができるかな…。pic_0283.jpg

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

8/03/05

キャンパスノート復刻記念版パック

昨日の衝動買いその1。

コクヨ『キャンパスノート』発売30周年記念の4冊パック。初代から現在までの4種類のデザインのノートが1冊ずつ入っている。今年はじめのニュースリリースを見て、既に発売されているのは知っていたけれど、実物は初めて見たので即買い。たぶん中横罫(6mm、表紙の色は青系)しか使わないと思うのに、私の書き癖に合わない普通罫(7mm、こちらは暖色系の表紙)も買っちゃった。まあ、記念品やコレクション的な意味合いもあるし、何よりノート自体が消耗品なのでいいんじゃないかと思う。

Continuar leyendo "キャンパスノート復刻記念版パック"

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)