映画・テレビ

3/05/09

和む『Wiiの間』

ひょんなことから、昨年末よりWiiユーザーになった我が家。同時に無線LAN環境も整え、Wiiを通じてネットに繋いでみたり、配信されているWii専用チャンネルやゲームをダウンロードして、結構楽しんでいると思う。

5月に新しいチャンネル『Wiiの間』が配信されたが、早速楽しんでいる。趣旨はWiiを通じた動画配信なのだが、それ以前に画面が楽しい。家の茶の間が映し出され、家族が思い思いに集う、その様子を見ているだけで、なんだか和んでしまうのである。一般的な食事の時間になればテーブルにそのときの献立が載り、みんなで何かを食べたり、本を読んだり寝そべったり、その様子がなかなかリアルなので、飽きない。

なんというか、任天堂の宣伝文句通りに『もうひとつの茶の間』が画面の中に出来上がった雰囲気なのだ。
ただひとつ、現実世界と違うことといえば、部屋の中が常に片付いていることだろうか(間取りや壁の色などが違うとか、そういう細かいことはさておき)。昼間の時間帯に『Wiiの間』を起動すれば、家族の誰かが掃除機をかけている様子が見られるぐらいだ。実際の我が家といえば、家族全員が散らかし魔で掃除や整理が下手ときたもので、常に床の上は物であふれている状態だ。この際Wiiの間の家族たちを見習わないといけないのかな?

それにしてもWiiって、ゲーム機らしからぬ使い方ができるハードだと改めて感じる。

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

20/11/07

『アド街』やっぱり地元に来る

この日の日記の続報。

アド街の掲示板、その後ぼちぼち情報が書き込まれているようで、私も毎日見に行っている。
書き込まれてから掲示板に反映されるまでの時間が長いこともあるようで(管理者の承認あり)、1日1回しかページが更新されないからか、時々情報の内容にダブりがあるが、いろいろな人の情報が読めるのでなんだかんだで楽しんでいる。

先週の土曜のこと。
商店街の入り口でTVロケ隊と思われる集団を見かけた。ちょうど大売り出しの日なので、賑わっている様子を撮影しにきたのかと思うが、ロケ隊が持ち歩いていた機材にTV局名が出ていなかった(最近は外注も少なくないのかな?)ので、その時点ではアド街なのかわからなかった。しかし昨日にその商店街の店に立ち寄ったら、店の人が他のお客さんにTVに出る話をしていて、すべてが判明した。
やっぱり私の見たのはアド街のロケ隊だったのである。
それだったら、一行を追いかけて客の一人としてチラッとだけでも映っておくんだった。

因みに放送されるのは来年1月だそうだ。ちょっと待ち遠しい。

| | Comentarios (0) | TrackBack (1)

28/10/07

『アド街』が地元に?

いつものようにネットを徘徊していたら、なんと『出没!アド街ック天国』の番組サイトに、ウチの地元の掲示板ができていた。
既にオンエア済みの地域より上の目立つところにあるあたり、開設されたのは比較的最近だと思われる。

しかしこんな狭い地域で番組が本当に成り立つのかどうか、少々疑問ではあるが、オンエアによって一時的にでも街が元気になる可能性があるのはちょっと嬉しいかも。でも、お気に入りの場所が混み合うことで入りづらくなってしまうことも少々覚悟しないといけないかな。

というわけで、京急の梅屋敷駅エリアについてご存じの皆さん、掲示板を盛り上げよう!
どの程度番組に影響が出るのかはわからないけれど、何もしないよりは納得いく内容になるのではないかと思う。

| | Comentarios (2) | TrackBack (0)

22/10/07

『なにしてあそぼう』

昨日のNHKアーカイブスで、物心つくかつかないかぐらいの頃に教育テレビでやっていた懐かしい番組が放映された。

『なにしてあそぼう』。あの『できるかな』の前身として語られることが多いが、私にとっては、ずっと見たかった番組のひとつであり、『できるかな』とは別モノとして考えてしまうのである。
観ていた当時は幼児だった私。頭の片隅にあるこの番組の記憶は年々否応無しにかすれてしまう。2つの番組でやっていることはそんなに変わらないのに、なんでそんなに思い入れがあったのか?
今回の放送(番組の記録としてたった1つだけ現存するものだそうな)を観て、長年自分が抱えていたその疑問が、いとも簡単に氷解してしまった。

Continuar leyendo "『なにしてあそぼう』"

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

20/01/07

昨晩のタモリ倶楽部は京急

録画したのをようやく観ることができた。関東地方では昨晩と来週、京急でロケが行われた内容のものを放映(、昨晩はその前編というわけだ。

#関東以外の地方は来週以降の放映なので、一応ネタバレ的な意味合いで、
以下(今回はそんなに長文ではないんだけど)は”続きを読む(当ブログではスペイン語表記ですが…)”、もしくは”固定リンク”をクリック、という形で。

Continuar leyendo "昨晩のタモリ倶楽部は京急"

| | Comentarios (7) | TrackBack (1)

1/07/06

ぶらり途中下車の旅@東急大井町線

この日の記事で、子どもの通院の為移動中の東急大井町線の電車で、ロケ中のダニエル・カール氏と遭遇した話を書いたのだが。

やっぱりぶらり途中下車の旅のロケだった。ダニエル氏が乗り込んで来た緑が丘駅は番組で登場しなかったようだが、自由が丘で下車する直前の車内での絵はちゃんと放映時に使われていた。
で、至近距離のシートに座っていた私達は、果たして画面に入っていたかどうかだが。

結論から言うと、映っていたのは息子の帽子だけ。
ホッとしたような、ちょっと残念だったような…。

更に、息子の通院先のすぐ近くのお店も番組中で紹介されていた。
なんだか少々複雑な気分である。

| | Comentarios (2) | TrackBack (0)

5/06/06

有名人を、偶然目撃

予定通り昼から外出。用事を済ませて外食して、学校の終業時間に合わせて移動。少々不機嫌な息子をなんとか駅まで誘導し、隣の区にあるA先生のクリニックを目指すことにする。
そこまで辿り着くのに乗り換えは2回。2回目の乗り替えを終えて次の駅にさしかかったとき、ホームに日テレのロゴ入りカメラを持った人が数人いたのに気付いた。何かのロケの移動中かな?と思って見ていたら、カメラが回っている様子。よ〜く見たら、どこかで見た顔がロケ隊の中心にいた。

あ、ダニエル・カールさんだ。

ということは、『ぶらり途中下車の旅』かな?一行は私達が座っているシートのすぐ近くのドア前に陣取った。
えっ?なら、もしかすると私や息子も背景として映っちゃうってこと?
私は普段着で眼鏡姿だったので、カメラに入って欲しくない〜!と思って即座に後ろを向いてしまったのだが、息子は動じることなく普段通りにじーっと、ドアガラス辺りの風景を気にしていた。騒がしくしなかったのが幸いだったというところか。周りの乗客がロケ隊に気付き、小声で反応している。
実際のオンエアだと車内で旅人(ここではダニエル氏)が思案しているような雰囲気だが、今回見た限りだとそれは演出で、局側の人がダニエル氏に指示を出しているようだ。
どこまで乗って行くんだろうと思ったら、あっさりと1駅で一行は下車。ディレクターらしき人が「あっち側の階段を昇って下さい」とダニエル氏に頼んでいた。

とまあ、偶然の遭遇にしては呆気無かったが、果たしてオンエアはどうなるのか、乗車駅と下車駅がらみでどんな沿線のスポットが紹介されているのかなどが気になるけれど、やっぱり一番気になる点はこれに尽きる。

頼むから、私らが映っているとこはカットして〜!!


そりゃそうと携帯持ってたんだから、一行が下車したときにでも、写真撮っておけばよかった・・・。

| | Comentarios (2) | TrackBack (0)

17/04/06

2度目の「あの」メール

ブログ同様、中途半端にマニアックなサイトなんかやっていると、時々思わぬ内容のメールが来る。
実は今日来た中にそういうものがあった。一昨年12月以来2度目の「TVチャンピオン」出場依頼である。

今回はいわゆる女性枠の出場者を特に希望しているらしい。以前からいろいろなところで何度も書いているけれど、私は極めて自分のルックスに自信がない女である。正直、TVには一度出てみたいという気持ちは幼い頃からあるけれど(今でもクイズとか音楽番組には出たい)、先方が純粋な「キレイドコロ」としての期待をしているのなら、今回も出場希望は見合わせるつもりだ(「見るからにお笑い枠」なら出られるかも?)。

どなたか、自信のある方は出場してみてはいかがだろうか。
ちなみに今回私のところに来たのは「新幹線王選手権」の依頼だったのだが・・・。

| | Comentarios (6) | TrackBack (0)

9/04/06

スカっとさわやか

これからの季節、炭酸飲料が美味しくなると感じる私。そういった飲料水のCMも、店頭に並ぶ商品と同様に楽しみである。

特にその中でもお気に入りなのが、今月からオンエアされている、クレイジーケンバンド出演のコカ・コーラのCM。ファンである私はCMが流れる度に大興奮なのだが、何より、昔のCMソングをCKB仕様にアレンジしてあるところが良い。なんだかんだ言って、物心ついた頃(自分の場合、親なんかの証言から推測すると1歳半〜2歳頃らしい)の記憶っていうのは頭の隅っこに気付かぬように存在しているもので、この時期に見聞きしたものは特に心地良いものとして残っているらしい。新たにそれを演奏しているのが贔屓のアーティストならば尚更だ。
たぶんこのバージョンはCKBのライブで演奏されるんじゃないかと想像できるので、ちょっと期待してしまっている私がここにいる。

そういえば最近ライブ観に行ってないなあ。昨年の私の誕生日のカシオペア+シンクロナイズドDNA以来か。もっとも、年1回(ここ最近のペース)でも普通の人より多いと誰かに言われてしまいそうだが…。

| | Comentarios (4) | TrackBack (0)

20/01/06

「のっぽさん」世代だから

pic_0570

てなわけで、今話題の「グラスホッパー物語」のDVD、買っちゃった。
NHK「みんなのうた」45周年を記念して作られたという、昨年12月から放映されている曲。
のっぽさん(高見映さん)扮するおじいさんバッタが、若い頃の冒険を孫バッタたちに語るという内容で、ミュージカル仕立ての音楽といい、クレイアニメの孫バッタとのっぽさんが共演する映像といい、すべてに作成者サイドの気合いが感じられるし、一度観たり聴いたりするだけで強く印象に残る作品だ。

Continuar leyendo "「のっぽさん」世代だから"

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)